HOME > 診療について > 去勢・避妊手術

診療について

去勢・避妊手術

去勢・不妊手術の注意点

繁殖の予定のない動物は、去勢・不妊手術をされることをオススメします。

手術は生後6ヶ月から可能で、生後1年までに受けるとメリットがあります。

一度手術をしてしまうと繁殖ができないので、以下のような長所・短所をよくお考えの上で、手術のご予約をお願いします。


去勢・不妊手術のメリット

・希望されない仔犬・仔猫ができなくなる
・発情がなくなる
・スプレー行動が落ち着く(雄猫)
・性格がおとなしくなる可能性がある
(生後1年以内で効果が高い)
・ホルモン異常に関連する病気が予防できる
・雄:精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫などを予防できる
・雌:子宮蓄膿症・卵巣腫瘍・乳腺腫瘍(特に2回目の発情が始るまで)などを予防できる

去勢・不妊手術のデメリット

・手術費用がかかる 
(将来の病気を未然に防ぐため)
・少し太りやすくなる
(飼い主様の調整で未然に防げる)
・手術に多少の危険性が伴う
(不安な点は担当獣医に事前に相談してください)

お問い合わせ

このページのトップへ